美白は女性にとって永遠のテーマ|美しい肌を手に入れる様々な方法

目を閉じる女性

素肌のトラブルに

鏡を見る女性

美白を目指すために自分の肌がどういう状況なのか、しっかりと先生方と相談する必要があります。その上で、当初受診時に予定していた費用よりも多くなったり、期間が延びたりすることもあるので、しっかりと熟考して治療を受ける必要があります。

Read More...

白い肌をあきらめないで

鏡を見る女性

色白になりたいと思ったら、潤いが必要です。パックをしてから美白美容液などを使ったほうが効果が出やすいです。今後はますます色白になりたい人が増えるでしょう。治療がより身近になり、ますます治療する人が増えそうです。

Read More...

レーザーなどでのしみ消し

女の人

しみは紫外線などの影響でできる肌のトラブルです。しみやそばかす、肝斑などは、レーザー治療、光治療、ケミカルピーリングなどで消去できます。また、美白クリームのハイドロキノン軟膏を使えば、しみの予防ができます。

Read More...

体内のホワイトニング

女医

美白の治療には、顔だけでなく体全体白くすることが出来る点滴が人気です。主にビタミンやミネラルを含んだ薬を直接血管に注入するものです。成分によって、美白効果だけでなく美肌効果や病気の予防効果などもあることからお得感があるので需要が高まっています。

Read More...

しみの原因と治し方

女の人

しみができる原因

顔にしみがあると、それだけで5歳は老けてみられるといわれています。しみができる原因はいろいろありますが、一番大きいのが「紫外線」です。紫外線を浴びるとメラニンが生成され、それが積み重なってしみになります。また、「摩擦」もしみの原因になります。肌を強くこすることでメラニンが生成されます。クレンジングのときにゴシゴシこする癖がある人は注意が必要です。コロコロ美顔器のやりすぎ、マッサージのしすぎもしみにつながるので要注意です。メラニンは絶対悪ではなく、肌を守る性質もあるので、ある程度であれば必要です。それに、メラニンが出来たとしても、ターンオーバーのサイクルが正常に機能していれば、古くなった角質と一緒に排出されます。しかし、ターンオーバーが乱れていると、角質もしみもはがれなくなります。ターンオーバーが乱れる原因は、老化、女性ホルモンの低下、夜更かし、ダイエット、ストレス、喫煙などがあります。いくら紫外線にあたらないように気をつけていても、ターンオーバーが機能していないとしみになるので注意が必要です。規則正しい生活をすることは肌を美しくします。内側から輝く健康的な美人になるためにも大事なことです。

美容皮膚科での治し方

しみ治療ができるのが美容皮膚科クリニックです。しみの種類に応じて適切な治療があり、カウンセリングのときに医師が症状を見ながら治療法を提案してくれます。具体的には、CO2レーザー、IPLやCIPL美顔器、美白クリームや美白サプリメントなどの治療メニューがあります。CO2レーザーは、紫外線や加齢でできやすい老人性色素班に効きます。メラニンに作用する働きがあり、周辺の組織にダメージを与えずにしみだけを撃退します。IPLやCIPL系の美顔器には、しみ、そばかす、くすみを消して肌を色白にする効果があります。コラーゲンに働きかける性質もあるので、毛穴の引き締めや肌のハリや艶のアップもできます。美顔器による治療は、しみだけ消すというよりも、肌全体をきれいにしたい場合に有効です。美白クリームや美白サプリメントを出してもらえば、自宅でしみのケアができます。市販されている美白基礎化粧品は沢山ありますが、クリニックで出してもらう美白クリームは医療品扱いなので、効果が違います。しみに塗るとだんだんメラニンが浮き出てきて、最終的に皮と一緒にはがれてなくなります。美白サプリメントはレーザーでは消しきれない肝斑に効果的です。