美白は女性にとって永遠のテーマ|美しい肌を手に入れる様々な方法

女性

レーザーなどでのしみ消し

女の人

美容皮膚科での施術

しみ、そばかす、肝斑、太田母斑、ニキビ跡などの肌トラブルは、最新のレーザー治療やケミカルピーリングなどの施術できれいに除去できます。ほとんどのしみは紫外線や摩擦がメラニンを発生させることでできます。年を取るとターンオーバーが乱れてくるので、メラニンの排出が困難になり、ますますしみができやすくなります。美白化粧品ではケアしきれないしみでも、レーザー治療器を照射すればメラニンが一瞬にして分解されます。メラニン細胞がダメージを受けることで、頑固なしみが自然になくなっていきます。細かいそばかすは肝斑には、IPLなどの光治療やケミカルピーリングがおすすめです。レーザーや光を照射して行う治療には、コラーゲンの生成を促す作用もあり、美白だけではなく皮膚のリフトアップも効果も期待できます。ケミカルピーリングは、ターンオーバーの遅れで排出しきれなかったメラニンを溶かしてはがす働きがあります。さらに真皮にあるコラーゲンに働きかけて新しい皮膚ができるのをサポートします。分厚い古い角質がはがれて肌がつるつるの美白になり、化粧品の浸透もよくなります。光治療やケミカルピーリングは一か月に一回のペースでするのが理想的です。

しみの予防の仕方

主に「紫外線」が原因でできるしみのことを、「老人性色素班」といいます。老人性とはいっても、若い人でも紫外線にあたればできやすいしみです。美容皮膚科クリニックでしみを消す治療をしても、紫外線にあたるとまたしみが浮き出てくることがあります。それどころか治療をする前よりも濃いしみになってしまうこともあるので、治療後は完璧に紫外線対策をする必要があります。また、マッサージやクレンジングなどの肌への摩擦もしみの原因になります。洗顔時やクレンジングをするときにゴシゴシこすってしまう癖がある人は注意が必要です。洗顔をするときにはたっぷりの泡でこすらずに洗うこと、クレンジングはメイク汚れとクレンジング剤のオイルをなじませるようにやさしく洗うのがポイントです。しみ治療後のケアにおすすめなのがハイドロキノン軟膏です。ハイドロキノン軟膏は最強の美白クリームと言われています。メラニンの発生を予防する効果があります。また、でき始めのしみに塗れば、数週間でもとの肌色に戻ります。ハイドロキノン軟膏には、市販品と院内処方の医薬品があります。市販品は多くても4%のハイドロキノンが配合されていますが、院内処方の場合は4%以上の濃度のものを出してもらえます。